食品とガン予防|関節痛や低血圧の予防|症状の原因を取り除く

関節痛や低血圧の予防|症状の原因を取り除く

食品とガン予防

女の人

欧米食とガンの関係性

乳酸菌は身体に良いというのは定説になっていますが、ガンの予防効果があることについて知っている人は多くはないようです。乳酸菌の健康効果は非常に高く、ガン細胞さえも死滅させる効果があります。「リンゴやトマトが赤くなると医者が青くなる」などと昔から言われてきましたが、色のない発酵食品や乳製品にも、医者を青くさせる要素があるのです。現代日本では大腸ガンが増加の傾向にあるようですが、それは乳酸菌や食物繊維の摂取量が減っているからだと言われています。昔の日本人は菜食中心の食生活を送ってきましたが、それがハム、ベーコンといった欧米食が流入したことによって、動物性タンパク・脂肪を多く含む食事が増えてしまったのです。

効果的なガン予防

そんな欧米食中心の食生活がなぜ病を招くのかといえば、それが腸内で悪玉菌を増殖させるからです。肉類は消化しにくく腸内で腐敗が進みやすいのです。腐敗した食品をエサに増殖するのが悪玉菌です。悪玉菌は増殖する際に、メタンや硫化水素といった悪臭を放つガスを発生させるため、おならや便、そして体臭も気になるようになります。また腸内のぜん動運動が妨げられ腸内環境が悪化すると、便秘がちになり免疫力が低下します。免疫力が低下することで、病原菌に対する抵抗力が弱まった結果、病になりやすい身体となってしまうのです。肉は必須アミノ酸やビタミンを含む重要な食品ですが、一方で上のようなデメリットもあるため、肉を食べるときには、乳酸菌や食物繊維を多く含む食品と一緒に摂るのが理想と言えるでしょう。そうすることで健康維持をしつつ、食事を楽しむことが出来るのです。